暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【画像】博多駅の道路陥没事故に関連した建設・施工会社は?現場は博多駅前二丁目の交差点!原因は七隈線延伸工事【ゼネコン】

      2016/11/10

おススメの記事

あらすじ

2016年11月8日の早朝、博多駅前の道路が陥没するという事故が発生しました。周辺ではガス漏れが発生し、一部では停電しているところもあるようです。

信号機や歩道の一部も陥没しているようで、復旧には時間がかかる様子。近くにお住まいの方や、近くへ行かれる方は十分お気を付けください。

さて、この事件が起きた現場はどこなのでしょうか。また、なぜこんな穴ができてしまったのでしょうか。

陥没場所は、博多駅前二丁目の交差点

調べたところ、陥没が発生した現場は、博多駅の付近の博多駅前二丁目の交差点でした。陥没が起きる前の現場の写真をご覧ください。

博多駅前の交差点の様子

現場は並木道

日中は駅前のため人通りも多い

陥没したのはちょうどアパマンショップとセブンイレブンの間の道路である

陥没は、青の看板のアパマンショップとセブンイレブンの間の道路で発生しました。駅前なこともあるため、普段は人通りは多めのようです。

陥没場所付近の住所

陥没地点近くのアパマンショップの住所

付近のアパマンショップの住所は以下の通りです。

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目5−5

店内からみると普段はこのような景色でしたが、現在では目の前はほとんど陥没穴しか見えない状態になっていると思われます。

陥没した地点のすぐそばのアパマンショップ

陥没した場所の周辺地図

事故現場は博多駅前から西へ2ブロックほどの交差点

現場は博多駅から西に2ブロックほどの交差点です。はかた駅前通りと末広通りの交差点ですね。

陥没の穴は広がっている・・・

穴は時間とともに広がっているようです。

深夜まだ日が昇っていないころは、穴は小さいものが2つでした。しかし、日が昇ったころには、2つの穴が1つになり、陥没の大きさは1.5倍ほどになってしまいました。

深夜の陥没穴の様子

暗い時間帯は穴が二つ

道路の中央部分を隔てて2つの大きな陥没がある

早朝の陥没穴の様子

明るくなった時間帯では、穴は一つになり大きくなった

二つの穴の間の部分が崩落して、大きな穴になった。穴の中には、ガス管のような空洞がみられる。

道路陥没の原因は七隈線延伸工事?

事故の原因について、福岡市交通局は上のようにコメントしています。

原因については調査中であると言いながら、タイトルで「七隈線延伸工事に伴う道路陥没事故」という風にコメントしてある。工事によるミスでこれほど大きな穴が開いてしまったとしたら、とんでもない工事ですね。

被害者がいなかったのが不幸中の幸いです。

ソース:福岡市交通局サイト

七隈線延伸工事の施工業者は?

今回の事故の原因とみられる七隈線延伸工事をしていた施工業者はどこなのでしょうか。

一つの記事から、施工業者と思われる会社が見つかりましたので紹介します。

博多駅陥没事故に関係した建設会社はJV?

福岡市営地下鉄七隈線(天神南-橋本)の延伸工事に向けた安全祈願祭が地下鉄空港線博多駅と起工式がホテル日航福岡 本館3F「都久志の間」で12日執り行われた。
最初の本体工事である「博多駅(仮)工区」(区間約280メートル)が早ければ3月末に工事に着手する。開業予定は平成32年度(オリンピックの年)。

延伸工事は、市民の利便性の向上や都心部の交通渋滞の緩和が狙いとしている。
天神南駅からJR博多駅近くまで約1.4キロ延ばす計画で、総工費は約450億円。延伸区間で1日当たり約6万8000人の利用客を見込んでいる。

博多駅工区は、大成建設など5社でつくる共同企業体(JV)が受注。空港線博多駅につながる七隈線の博多駅(仮)などを造る。

工事の起点・終点は福岡市中央区春吉三丁目から博多区博多駅中央街まで

案件名 :福岡市地下鉄七隈線博多駅(仮称)工区建設工事
落札業者:大成・佐藤・森本・三軌・西光 建設工事共同企業体
落札額 :10,760,000,000(税抜)
工期  :平成31年3月15日

ソース:JCnet.

こちらの記事によると、博多駅陥没事故の原因とみられている七隈線延伸工事を受注した建設会社は、大成建設など5社でつくる共同企業体(JV)の可能性が高い。

JVは5つの企業からなり、大成建設・佐藤建設・森本建設・三軌建設・西光建設で構成されている。

記事のにおける工事の起点と終点である、「福岡市中央区春吉三丁目から博多区博多駅中央街」の場所を確認したところ、事件現場がその範囲に含まれていた。

博多駅前の道路陥没事件に対するネット上の反応

普段から陥没した場所を通られている方が多いようでした。人通りがなかった時間帯に事故が起きたことは不幸中の幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

繰り返しますが、現場はガス漏れが発生していて危険なので、付近の方は十分にお気を付けください。道路陥没の理由はまだ不明なところが多いです。今後もこのニュースからは目が離せませんね。

関連記事:【特定】六本木鉄パイプ落下事故の責任はどこへ。被害者の飯村一彦さんが亡くなった事故現場、メインステージ六本木の施工会社が青山メイン企画と判明。【ゼネコン】

 - びっくりニュース, 事故・災害, 時事ニュース, 社会・政治