暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【顔写真】小沢友喜容疑者のFacebookが判明。日吉駅のホームから線路に女子学生を突き落とした殺人未遂事件の犯人は慶應法学部3年だった。所属サークルは「慶應義塾大学律法会」

      2016/11/18

おススメの記事

あらすじ

2016年11月6日、慶應大学の男子学生、小沢友喜容疑者が交際中の同女子学生を駅のホームから突き落とし殺害しようとした事件が話題になっています。

被害者の女子学生は幸いにも軽症。また、被害者女性は以下のようにコメントしています。

被害者女性「2次会に行くか行かないかで口論になった」

たったこれだけの理由で、駅のホームに人を突き落とすとは・・・。ありえません。

ミス慶應の強姦事件が記憶に新しい中、またもや慶応大学の男子学生が事件を起こしました。そして、今回の事件の犯人である小沢友喜容疑者のFacebookと顔写真が判明しました。紹介いたします。

【特定】盗撮ハンターの中村将士はまたもや慶応大学!?東京・町田で逮捕された犯人のTwitter・Facebook・Instagramが判明。

慶應法学部3年、小沢友喜容疑者の犯行の動機

小沢友喜容疑者

「殺そうとは思っていない」

今回の殺人未遂事件について、小沢友喜容疑者は以上のようにコメントしています。

しかし、警察によると侵入してきた電車は突き落とされた女性の手前400メートル手前で止まったんだそうです。

つまりは、事件があと数分もしくは数十秒遅かったら、被害者女性が電車にひかれていたかもしれないんです。

(事件を目撃した一般男性が駅員に知らせ、駅員が非常停止ボタンを操作した)

犯人は、慶応大学3年の法学部の学生。ちょっとしたことで理性も保てないこんな学生が社会にでて、法律家になっていたらと考えると恐ろしいものです。

法律家を志すものであれば、電車を止めること自体ありえないということですら考える余地がなかったのでしょうか。

※電車を止めるだけで数百万の損害賠償請求されることもある。

小沢友喜容疑者のプロフィール

小沢友喜容疑者のプロフィールについて紹介します。

  • 名前:小沢友喜
  • 生年月日:1994年前後(平成6年)
  • 年齢:当時22歳
  • 住所:川崎市中原区上丸子
  • 大学:2014年 慶應義塾大学法学部法律学科 入学
  • 所属サークル:慶應義塾大学律法会
  • 高校:静岡県立沼津東高校

Facebookによると小沢友喜容疑者は、名門といわれる静岡県立沼津東高校出身。2014年、当時20歳前後で慶應大学入学ということから、留年していたようですね。

小沢友喜容疑者の顔写真

黄色い人形と一緒にうつる男性の写真

ビールを飲んでいる小沢友喜容疑者の写真

まじめそうな印象を受けます。

小沢友喜容疑者はサークル「慶應義塾大学律法会」に所属

慶應義塾大学律法会の旗を持つ小沢友喜容疑者と他3名

慶應義塾大学律法会のメンバーが集まる様子

小沢友喜容疑者は慶応大学のサークル「慶應義塾大学律法会」に所属していたようです。フェイスブック上の写真からも、サークルに所属している様子が分かりました。

集合写真から、所属人数はざっと百人以上はいると思われます。

小沢友喜容疑者が持っている、「紫とオレンジの旗」は、慶應義塾大学律法会のものと思われます。旗まであるサークルってなかなかありませんよね。調べてみると「慶應義塾大学律法会」は大学大手のサークルのようでした。

慶應義塾大学律法会とは?

慶應義塾大学 律法会は学内の法律サークルとしては唯一の大学公認団体で、2014年には設立50周年を迎え、毎年200人以上の新入生を迎えている最大・最古のサークルです。
活動は、民法をはじめとする法律科目、政治科目の学習に加えて、合宿・BBQ・ボーリング…などといったイベントも充実させており、「学び」と「遊び」の両立を重視しています。

所属していたのは慶応大学でも歴史のある大きなサークルであったようです。公式ツイッターや、フェイスブックもありましたが、どちらも内容非公開でした。

慶應義塾大学律法会ツイッター
慶應義塾大学律法会フェイスブック

小沢友喜容疑者に駅に突き落とされた被害者女性

小沢友喜容疑者の交際相手で被害者の女性のプロフィールをまとめてみました。

  • 名前:不明
  • 生年月日:1995年前後(平成7年)
  • 年齢:当時21歳
  • 大学:慶應大学法学部3年
  • 住所:神奈川県横浜市

駅のホームに突き落とされた被害者女性は、小沢友喜容疑者の交際相手でした。二次会に行くか行かないかで口論になったと話しておられます。

小沢友喜容疑者が二次会に行こうと無理やり誘ったのか、もしくは被害者女性が二次会に行くのを小沢友喜容疑者が強く拒否したのかは定かではありません。まじめな見た目の印象からは、理由は後者のような気がしますが・・・。

小沢友喜容疑者が犯行を行った事件現場

日吉駅の外観の様子

日吉駅のホームの様子

事件が起きたのは、東急東横線の日吉駅です。駅は神奈川県の横浜市の住所ですが、小沢友喜容疑者が住んでいた川崎市からの方が近いですね。周辺は以下のようになっています。

日吉駅の周辺地図

小沢友喜容疑者のFacebook

小沢友喜容疑者のフェイスブックページの様子

小沢友喜容疑者のフェイスブックはこちらです。

小沢友喜容疑者のFacebook

小沢友喜容疑者に対するネット上の反応

慶應にあきれる声や品質を問う声が多い。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ネット上では、また慶應かというような意見が多くみられました。慶応ブランドの品格が確実に落ちているのが目に見えて分かるようです。慶応大学の創始者である、福沢諭吉が一万円札から消えてなくなる日も近いのではないでしょうか。

関連記事:
【文春砲】逮捕間近!ミス慶応集団強姦事件の主犯格の実名は宋治潤(韓国人)?顔写真まで判明した合宿所で起こった広告学研究会の不祥事の全貌。【画像】

 - 事件・犯罪, 時事ニュース, 痛いニュース・炎上, 社会・政治