暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【特定】宇都宮爆発事件の身元が判明。遺書を残し爆発自殺したのは元自衛官の名前は栗原敏勝。「冤罪」を訴える犯人の犯行動機や家族事情とは【実名】

      2016/11/10

おススメの記事

あらすじ

車が炎上する様子

2016年10月23日の11時40分ごろ、栃木県宇都宮市の宇都宮城址公園の付近の駐車場に止めてあった車が爆発炎上し、ばらばらになった男性の遺体が見つかった事件が話題となっています。

ネットではテロではないかとまで言われたこの爆発事件ですが、目撃情報によると爆発自殺したのは元自衛官の可能性があるといわれています。なんとほぼ同じ時間に、付近の元自衛官の男性の自宅から出火しているのが見つかり、その自宅は全焼してしまったそうです。

爆発には無関係の3人が巻き込まれ、負傷している。

爆死したのは元自衛官の栗原敏勝さん?

ネットの情報によると、火災現場の住所を検索すると一人の元自衛官の名前がヒットするんだそうです。実際に検索すると、栗原敏勝さんという72歳の元自衛官のブログが見つかりました。

森田自動車工業の隣の家が火災現場
住所は栃木県宇都宮市針ヶ谷町428-14

この住所をネットで検索すると72歳元自衛官の栗原さんが出てくるので確定

ソース:2ch

元自衛官の栗原敏勝さんのブログが判明

栗原敏勝さんのブログのプロフィール

ブログのプロフィール欄によると栗原敏勝さんは「平成28年4月は6回目の年男」つまりは72歳ということですね。

爆発した遺体の靴下に遺書

報道によると遺体の靴下の中に遺書が見つかったようです。
遺書には「命を絶って償います」と記入されていたそうです。

元自衛官の栗原敏勝の顔写真が判明

栗原敏勝さんの写真

今回自殺した元自衛官の栗原敏勝さんの顔写真がYouTubeのチャンネルのサムネイルから判明しました。

ソース:https://www.youtube.com/channel/UC23z6J7CwFbUDMGiWZ2JDYw

現場は栃木県宇都宮市針ヶ谷町428-14

ネットの情報によると、現場の住所は栃木県宇都宮市針ヶ谷町428-14の可能性が高いようです。

栗原敏勝さんのブログ「国家による冤罪判決で生きる道を断たれた」

栗原敏勝さんのブログによると、国家による冤罪判決で生きる道を断たれたという一文字があります。冤罪判決を受けたから爆発自殺をしたのでしょうか?ブログの一部を紹介します。

国家による冤罪判決で生きる道を絶たれた。
冤罪判決であるので判決に従わないから
債権差押命令をだされ、預貯金を没収された。

マイホームも、競売に掛けるでしょう。

国家権力は、間違った判断でも生命与奪の権利を与えられている。

宇都宮家裁判事・調停員が死んだら認めて遣るなどと
言われた。

元自衛官・栗原敏勝さん娘が統合失調症

ブログによると、裁判の不服を訴えているのには娘さんが関係していると思われる。なんと栗原敏勝さんの娘さんが重い精神疾患と言われている統合失調症であったようだ。

録音されていないと云う事で言いたい放題・遣りたい放題だ。

娘が4回、措置入院したが全て、適切に対応したが、宇都宮家裁は判決文で
適切な対応でないと判断し判決した。

処置入院は、殺人企図が3回、自殺が1回、全て適切に処置し、社会正義を果たした者は
罰だ。

娘は統合失調症で担当した宇都宮家裁判事 篠崎礼は栃木県の実施する精神保健審審議会で自己紹介で精神障がい者のことについては全く、知らないと述べる。

こんな宇都宮家裁判事・調停員の判断で判決され自暴自棄になった。

10月19日に発生した門真の殺人事件でも「統合失調症」が関係していました。こんな立て続けに同じ病気が話題になるとは、なんとも不思議なものです。

【youtube】栗原敏勝「ネットでの炎上を期待しているのですが…」

また栗原敏勝さんはYouTubeチャンネルを立ち上げ、社会に訴えるような動画を投稿している。今回の事件にかかわる動画がこちらです。

栗原敏勝さん「炎上を期待」

ブログによると、栗原敏勝さんは自身が不服と思っている裁判の判決がなんとしてでも世間に知らしめたかった様で、ネット炎上を期待しているのですがとまで書き記している。しかしながら、ブログへの訪問者が少ないようでいろいろと工夫しているとまで言っている。

動画の説明欄より

宇都宮家裁判事・調停員・書記官の判断に不平・不服不満を持つ栗原敏勝。

ネット炎上を期待しているのですが、訪問者さえ少なく、色々と工夫しております。
大げさにしなければ成りません。

災害は忘れたころに遣ってくる。
宇都宮病院事件・広瀬裁判は、もうはるか彼方、昔の事件です。
この事件が発生した時には裁判所は精神障がい者について真剣に検討し、対策を
しました。

時が経過し宇都宮家裁は、当時の事をしる方はおらず、風化し、精神障がい者等の考え方が歪曲して判断・判決をしている。

平成23年度栃木県精神保健審議会に宇都宮家裁判事 篠原 礼が参加を最後に、
その後、宇都宮家裁判事は栃木県知事に反旗を翻し、5年連続不参加である。

平成23年度に参加した篠原 礼判事は自己紹介の時に精神関係・精神障がい者について
全く知らないと無知である事を証言した。

こんな処置入院・保護者選任制度も知らない無知な篠原 礼判事に裁かれ、判決に不服・不満であるから判決に従わない。宇都宮家裁は弁護士と結託し、司法権益を死守するために見せしめの判決文で本人訴訟は何を具申しても全て却下、差押命令など発せられ、人権侵害だ。
国家権力の濫用は人権侵害だ。

自暴自棄に陥っている。
宇都宮家裁判事・調停員・書記官から真綿で首を絞められ死刑判決を同じだ。
親父は自決しろと言われたことは、前に書いている。

爆発の動機?動画のコメント欄より

栗原敏勝さんは裁判の判決にそうとうな不満を持っていたようです。それが今回の事件につながった可能性はありそうです。

宇都宮家裁判事・調停員・書記官の判断に不平・不服不満を持つ栗原敏勝。
司法は本人訴訟の栗原敏勝を目隠・耳栓をし虐め抜き、国家権力の濫用でないか

平成11年4月26日、五体満足で定年退官した。しかし、家に帰ると妻から何故、殉職しなかったかと詰られた。嘘と信じられないと思いますが事実であります。離婚裁判になり、思い出して頭から離れません。

本人訴訟では何も、かにも全て却下・宇都宮家裁判事・調停員・書記官・弁護士等は差別扱いをしている。司法・法曹会の権益を守るために徹底した敗訴に故意にしている。

宇都宮爆発事件の犯人・栗原敏勝さんのTwitter 妻との離婚と娘の病気

Twitterのプロフィール欄には家庭崩壊した悲しい事情が。娘の病気と妻との離婚でなやんでいたようです。72歳で孤独であったようですね。

Twitterのプロフィールより

娘が精神障害を発症し、統合失調症と診断されました。これが原因で家族・家庭は崩壊しました。娘から包丁で切り付けられましたが難を逃れました。 更に悪い事に妻は、この病気の治療に宗教を信じ悪いのは父親とナイフで就寝中に襲われ、これの難を逃れました。裁判官・判事そして弁護士等は精神障害者等についてコンプライアンスが足りません。

元自衛官・栗原敏勝さんのブログ

元自衛官・栗原敏勝さんのブログのタイトルは「このまちが好き! 栃木県 宇都宮市 雀宮」でした。

ソース:http://blog.goo.ne.jp/jpkingkoko

まとめ

いかがだったでしょうか。

この事件はまだまだ不明なところが多いので、どんどん加筆していく予定です。栗原敏勝さんは国家に対して抗議する手段が自殺するしかなかったのでしょうか。かわいそうな話ですが、周りの無関係な人を巻き込んでしまったのはあってはならない事。

今後の動向を見守りたいと思います。

 - 事件・犯罪, 事故・災害, 時事ニュース, 痛いニュース・炎上, 社会・政治