暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【文春砲】NHK現役プロデューサー(44)、実は変態界の巨匠「SM写真家の石舟煌」だった!超変態プレイで不倫相手を大怪我させ告発されるw【ためしてガッテン】

      2016/11/18

おススメの記事

さすが国営放送であるNHKさん。
実に多彩な人材が局内ににはいるそうで。

最近では話題になったNHK絡みの疑惑騒動だけでもこんなにもある!

  • お天気キャスター「岡田みはる」(NHK山形)の号泣騒動
  • 情報番組「ニュース シブ5時」のアナウンサー・塚本堅一が危険ドラッグ所持の疑いで逮捕
  • 斉藤孝信アナと早川美奈アナの「路上不倫現場」をフライデーされた騒動
  • 山崎友里江アナが高級愛人クラブ嬢として夜の世界で副業

などなど。

これだけでも中々多様な人材の宝庫であることが伺えるNHKですが、今回はなんと更にその上をいく超絶な嗜好をもったNHK社員が騒動を起こし話題になっています。

なんと、現役のNHKプロデューサーが、「SM写真家の石舟煌」だったというではないですか!

変態界では縛ってくれ!という女性が列をなすくらい有名らしい。

これだけであれば人の嗜好はそれぞれですから別になんともないかと思いますが、このNHKプロデューサーの彼、実は不倫相手をSMプレイで後遺症が残るような大怪我をさせていたことが発覚しています。

人に迷惑をかけない範囲で自身の趣味を楽しむのは良いでしょうが、これはね・・・

SM写真家の石舟煌はNKHの現役プロデューサーだった

今回話題になっている石舟煌という名前はほとんどの人が馴染みがないであろうが、実は知る人ぞ知る変態界の巨匠だという。
しかし、石舟煌というのはペンネームであり彼の本業はNKHの現役プロデューサー。

今年4月に地方放送に異動になったそうだが、東京勤務時代は「ためしてガッテン」や「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」などNHKの看板をディレクターとして手がけていた。

でもって彼は結婚しておりお子さんもいたという。
しかし、関係者によると浮気がバレて奥さんに愛想をつかされ現在は別居中とのこと。

ちなみに石舟煌ことNKHの現役プロデューサー三木氏(※)は現在自然紀行番組などを担当し、全国の映像を取りまとめるデスクの立場にいるという。

仮名

不倫相手のK子を緊縛し宙吊りにして放置

事故が起きたのは今から約3年前。
バツイチの独身で娘がいたK子と不倫関係にあった三木氏は当時、K子が住んでいた大阪のSMバー「A」や「W」に入り浸っていたという。

悲劇が起きた日、「W」の店内でK子を緊縛し宙吊りにして放置していたところ、神経が圧迫され大惨事になってしまったのです。
すぐに病院にいくも全治4ヶ月の大怪我。

K子は仕事もできず子育てもままならない状態に。
いまだにその後遺症で指先の感覚は鈍く、麻痺が残っているという。

しかしそんなK子を横目に三木氏はなんのその。
twitterやミクシィを駆使し、被写体となってくれそうな女性を積極的に口説いていたという。

石舟煌を有名にした京都・ライト商會主催「人間家具晩餐会」

NHKの変態プロデューサーこと石舟煌の名を一躍有名にしたのは2014年7月、京都のギャラリーカフェ「ライト商會」で行われたイベント「人間家具晩餐会」だという。

【文春砲】NHK現役プロデューサー(44)、実は変態界の巨匠「SM写真家の石舟煌」だった!超変態プレイで不倫相手を大怪我させ告発されるw【ためしてガッテン】

このイベントは裸の女性がテーブルの脚になる女体テーブルなど生身の人間が家具になり、モノとして扱われる苦痛と快感を表現するというコンセプトだったそうな。
一般人の感覚からはおよそ理解不能なコンセプトですが。。。

しかし同イベントは総勢約25名のモデルが参加し大成功。
最後は緊縛された女性たちが天井から吊るされた人間シャンデリアが完成し、「人間家具晩餐会」は大盛況の元幕を閉じることに。

この「人間家具晩餐会」以降、石舟煌の元にはM女のファンが縛ってほしい!と列をなすようになったという。

ちなみ、週刊文春が石舟煌こと三木氏を直撃取材してから彼のwebサイトやあらゆる作品などは削除されています。
もし、石舟煌や人間家具晩餐会に興味のある人は以下リンクから色々辿ってみて下さい。

石舟煌の話題をtwitterで調べる

人間家具晩餐会の話題をtwitterで調べる

まとめ.

「NHK現役プロデューサー(44)、実は変態界の巨匠「SM写真家の石舟煌」だった!超変態プレイで不倫相手を大怪我させ告発されるw」はいかがだったでしょうか。
週刊文春の取材後、NHKは三木氏に聞き取り調査を行い、一連の騒動について全面的に事実を認めているという。
しかしながら、今のところ特に処分はないという。

三木氏の趣味に付き合わされたせいで、現在も不自由な手で毎日必死に子育てに勤しむK子さんの友人の言葉で本記事を締めくくりたいと思います。

K子はトラウマから精神的にとても不安定な状態です。
彼は怪我の後遺症の治療代を払うことも殆ど無い。

高給取りのNHK局員が、無責任すぎやしませんか。
彼女の人生は大きく狂ってしましました。

被害者K子さんの知人

嗜好は人それぞれだが、人に迷惑をかけない範囲で楽しみたいものである。

 - スキャンダル・疑惑, 事件・犯罪, 時事ニュース, 痛いニュース・炎上