暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【Ps初心者】1クリックで画像切り抜き合成!フォトショで元の画像を壊さず切り抜き合成を丁寧に解説!Photoshopレイヤーマスクの使い方!

      2016/10/08

おススメの記事

Photoshopをつかって1クリックで画像切り抜き合成

月と東京タワーと女性.jpg

今回紹介するのは、アドビのPhotoshop(以下フォトショ)のレイヤーマスクという機能です。この機能は、フォトショをこれから勉強される方や、見よう見まねで使っているけどうまく使えているのか分からないという方にはぜひ知っていただきたい機能です。この機能は、フォトショについて詳しくない方は分からないと思いますが、いわゆる非破壊編集というものです。フォトショのようなラスタ形式(ドットの集合体が画像を形成するようなもの)の画像を扱うのに長けたソフトでレイヤーマスクのような非破壊編集の機能をしっているだけで、作業の効率が上がるだけではなく画像編集をやり直す際にも手間が大きく省けること間違いなしです!

フォトショの非破壊編集とは

今回紹介するレイヤーマスクの最大の魅力として、非破壊編集について簡単に説明させてください。先ほども述べましたように、フォトショはラスタ形式の画像を扱うのに非常に長けたソフトです。そのフォトショで扱うラスタ形式の画像の特徴として、編集すると劣化してしまうという大きな欠点があります。簡単に言うと、画像をいじればいじるほど、画像が汚くなってしまうんですね。よって、レイヤーマスクのような画像を劣化させる心配のない非破壊編集のツールはフォトショを学ぶ上で非常に大事なんです。

フォトショのレイヤーマスクの使い方

前置きが長くなってしまいました。では早速レイヤーマスクの使い方についてなるべく丁寧にご説明させていただきます。使い方の手順は以下の通りです。

手順1:下準備

まず、画像を2枚用意してください。マルチウィンドウなどを使って2枚の画像が同時に見える状態だとやりやすいです。

合成するオブジェクト画像

合成前のオブジェクト画像.jpg

合成する背景画像

合成前の背景画像.jpg

手順2:合成したい画像と背景画像を重ねる

画像を重ねるShiftドラック.png

そして、切り抜きたい方のオブジェクト画像をドラックし、合成する背景画像の上にドロップします。(この際、Shiftキーを押しながらドラック&ドロップすると位置がずれなくていい)

手順3:切り抜きたいオブジェクトを範囲選択する

クイック選択ツールを使って範囲選択.png

クイック選択ツールや自動選択ツールなどの範囲選択ツールを使って、切り抜きたいオブジェクトを範囲選択します。今回は自動選択ツールを使用しています。画像によっては上手く範囲選択できませんので、別の範囲選択ツールを試してください

関連記事:背景から画像を切り抜く4つの方法!初心者でもできるPhotoshopの使い方!

手順4:レイヤーマスクを作成

レイヤーマスク作成ボタン.png

「レイヤー」パネルの「レイヤーマスクを作成」のボタンをクリックします。

合成後の写真.png

なんと…。これだけで画像の合成ができました!すごく簡単です。なんども言いますが、これは非破壊編集なので、見た目は合成されていますが、オブジェクト画像も背景画像もそのままの形で残っています。その証拠におまけでレイヤーマスクの解除の仕方を教えますので良ければ引き続きご覧ください。

おまけ:レイヤーマスクの解除の仕方

レイヤーマスク作成後.png

これでレイヤーマスクを使った画像の切り抜き合成ができました。「レイヤー」パネルのサムネイルが横並びに2つになっているのが分かると思います。

レイヤーマスクを一時的に無効.png

また、レイヤーマスクは非破壊編集なので、簡単に無効・もとに戻すにすることができます。「レイヤー」パネルの横並びになった2つのサムネイルの右を「Shift + クリック」してみてください。サムネイルにバツ印が表示され、レイヤーマスクが解除されます。(レイヤーマスクをかけなおす際は、もう一度”Shift + クリック”)

おさらい

  1. 2枚の画像をドラックして重ねる
  2. 範囲選択ツール(今回は自動選択ツール)を使って切り抜く部分を選択
  3. 「レイヤー」パネルの「レイヤーマスクを作成」ボタンをクリック
  4. 画像が完成

このように、画像の切り抜き合成は簡単にできます。もちろんレイヤーマスクを使わない方法もあります。しかし、画像を元に戻したい!と思ったときに、レイヤーマスクを使わない破壊編集をしてしまっていたら…1から画像を作り直さなければいけません。ぜひとも、このレイヤーマスクの使い方をマスターして、仕事や作業の効率UPを!

 - web制作, テクノロジー, 体験談・やってみた