暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【Illustrator】意外と知らないイラストレーターの使い方!あのひと手間が省ける!?職業訓練で学べる基礎講座!【基礎】

   

おススメの記事

職業訓練で学んだイラストレーター基礎講座

Illustrator.png

イラストレーターの基礎というものをご存知でしょうか。
なんとなく仕事で使っているけれど、この使い方が本当に合っているのか。と思ったことはありませんか?

現在、職業訓練校でイラストレーターについて学んでおります。筆者自身も仕事でイラストレーターを3年間使っておりました。しかし、思いのほか知らないツールがあることに驚きました。そして、自分がやっていたイラストレーターの使い方が間違っていた、そしてイラストレーターの基礎を知ることで仕事の効率が格段に上がることを自覚しました。スポーツや勉強で基礎は大事ということがよく言われますが、イラストレーターにも当てはまるんですね。今回は、今まで知らなかったイラストレーターの基礎についてご紹介いたします。

関連記事:【転職】無計画26歳。全くの未経験がWebデザイナーを目指す!ハローワークの職業訓練を受けてみた!~面接編~

イラストレーターでコピペ「Ctrl + C」「Ctrl + V」は必要ない?

イラストレーターで「Ctrl + C」そして「Ctrl + V」を多用していませんか?
コピペ自体それほど手間がかかるものではありませんが、1つの作品を作るのにコピペは何十回も、作品によっては何百回・何千回も使うものですよね。実は、コピペよりも手間が少ないやり方があるんです。

「Ctrl + C」「Ctrl + V」を使ったコピー&ペースト

  1. オブジェクトを選択し「Ctrl + C」
  2. 「Ctrl + V」を押し、オブジェクトを貼付け
  3. 貼付けたオブジェクトを、配置したい位置にドラック&ドロップする

コピペをするときは、「Ctrl + C」「Ctrl + V」の2つのキーを押し、対象オブジェクトをドラックしますよね。

コピペより2手間少ない「ドロップ + Alt」

Altドラック&ドロップ.jpg

  1. オブジェクトを選択し、配置したい位置にドラックし、配置したい位置で「ドロップ + Alt」

しかし、「ドロップ + Alt」を使うことで、1手間でコピペができてしまうんです。「Ctrl + C」「Ctrl + V」では2つのキー操作をした後にオブジェクトを移動していますが、「ドロップ + Alt」を使うことでキー操作とオブジェクトの移動が同時にできてしまいます。「ドロップ + Alt」のコピペで押すキーはたった1つだけです。

オブジェクトを等間隔にコピペする

オブジェクトを等間隔に配置する際は、皆さんどのような手順でやっていますか?
筆者は、オブジェクトを必要な数コピペした後に、整列ツールを使って等間隔に並べていました。

「Ctrl + D」等間隔にコピペ

Ctrl+Dで連続貼付け.png

コピペをした後に「Ctrl + D」を押してみてください。簡単に等間隔配置ができちゃいます。実際「Ctrl + D」のイラストレーターにおける意味は、「同じ操作を繰り返す」というものです。なので、他の操作にも使えます。

オブジェクトのロックについて

レイヤーのロック.jpg

オブジェクトのロックにもショートカットキーがあります。オブジェクトのロックは、イラストレーターユーザーが一番使うツールといっても過言ではないレイヤーロックですが、使ったことがない方がいれば覚えておいて損はありません。レイヤーウィンドウからもできますが、いちいちロックしたいものを探して…というものを繰り返すのは大変ですよね。

「Ctrl + 2」オブジェクトのロック

このオブジェクトが邪魔だなと思ったらすぐ「Ctrl + 2」押しちゃいましょう。

「Ctrl + 3」オブジェクトを隠す

オブジェクトを隠すのも簡単です。
※元に戻す際は、レイヤーウィンドウから行ってください。

「Ctrl + Alt + 2」すべてのロックを解除する

すべてのロックを解除するには「Ctrl + Alt + 2」を押してください。
※個別のロック解除はレイヤーウィンドウから行ってください。

中級者ほどレイヤーが増える?無駄なレイヤーは増やさない

中級者ほどレイヤーが増えると言われています。上級者ほど無駄なレイヤーを作る必要がないんですね。レイヤーが増えてしまう原因としては、オブジェクトの前後関係があると思います。前後関係を調べるのに、レイヤーウィンドウをいちいち調べたりするのは大変ですよね。

「Ctrl + F」選択オブジェクトの前に貼付け

Ctrl+Fレイヤー重ね順変更.png

単に、あるオブジェクトの前に配置したければ、「Ctrl + F」が便利です。Fはフロント(前)のFとして覚えましょう。重ね順を前にしたいオブジェクトを「Ctrl + X」で切り取りして「Ctrl + F」すると簡単に重ね順を変更できます。

「Ctrl + B」選択オブジェクトの後ろに貼付け

逆に重ね順を後ろにしたいときは、「Ctrl + B」が便利です。Bはバック(後)のBとして覚えましょう。使い方は「Ctrl + F」と同じです。

 - テクノロジー, ライフスタイル