暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

有名歌手の西城秀樹が死去。死を起こした病気はいったい?

   

おススメの記事

西城秀樹と言えば「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」など昭和を代表する有名な曲を多く歌ってきました。日本の音楽界にとってなくてはならない存在です。そんな西城秀樹もにどの脳梗塞に倒れたことがあります。しかし病気を乗り越えて闘病生活を送ってきました。しかしそんな中、2018年5月16日に亡くなられたことが発覚しました。

西城秀樹のプロフィール

Rest in Peace #西城秀樹

A post shared by RYÖHEI TSUKADA / 塚田 亮平 ®︎ (@ryohei_tsukada) on

氏名:木本 龍雄(本名)
生年月日:1955年4月13日
出身:広島県
身長:181cm
血液型:AB型

西城秀樹の脳梗塞について

西城秀樹はその高いアイドル性と音楽性で多くのヒットソングを生み出してきました。また音楽に限らず、メディアにも多く出演し多くのファンを集めていました。そんな人気絶頂の中、2003年に一度目の脳梗塞を患いました。その後状態は安定し生活も2011年には再度脳梗塞を発症。病気の影響で右半身に麻痺が残ることとなりました。

その後病気を克服しようと懸命にリハビリに取り組みます。本人も「何回も泣いたことがある。苦しくてね」と語り、ハードなリハビリを週3回行っていました。テレビ番組でリハビリを行う理由を問われ、西城秀樹は「夏休みに子どもをハワイに連れて行ってやりたい」と語っており、その原動力は家族への思いだと告白。その姿と思いに多くの方が涙しました。

病気を患い、リハビリ中でもテレビで歌を何とか歌うこともありました。病気による麻痺のため歌いにくさや声の出しにくさはありましたが、変わらないスター性を魅せてくれました。しかし2度目の脳梗塞以降、ライブでは動きの激しさから「傷だらけのローラ」を歌えておらず「次はローラを歌えるようになりたい」と語っていました。しかしその思いもかなわず、2018年5月16日に亡くなりました。

西城秀樹の死因となった病気は?

西城秀樹の死に追いやった病気とはいったい何だったのでしょうか?病気の名前は「急性心不全」とのこと。急に心臓が正しく機能しなくなり、そのままなくなってしまったそうです。急性心不全の原因に関して「心筋梗塞、不整脈、弁膜症」が多いそうです。その中でも西城秀樹は2度の脳梗塞を患っており、元々血管の状態は悪かったのでしょう。血栓が飛んでしまい、心臓に栄養を送る血管に詰まって心筋梗塞により亡くなったのでは?と言われています。

西城秀樹の死に世間・芸能界は

西城秀樹の死に世間からも芸能界からも多くの声が寄せられています。「帰ってきてほしい」「病気を乗り越えた姿を見たかった」と。また芸能人からもその急な死を惜しむ声が寄せらえています。病気を抱えても懸命に生きようとした姿に多くの人が勇気づけられたことでしょう。そしてこれからもその姿を見せ続けてほしかったです。

 - その他, 時事ニュース, 芸能ニュース, 芸能人の噂 ,