暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

エンゼルスで活躍中の二刀流大谷翔平。その活躍に週間MVPを受賞。

   

おススメの記事

大リーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平選手。移籍後すぐはその活躍を懸念されましたが、今ではその活躍ぶりに野球界が驚かされています。そして2018年4月9日にアメリカンリーグの週間MVPを取得しました。大谷翔平選手の活躍とはどれほどなのでしょうか?

大谷翔平のプロフィール

氏名:大谷翔平
生年月日:1994年7月5日
出身:岩手県
身長:193cm
所属:エンゼルス

大谷翔平のこれまで


元々岩手県にて出生し、小学生のころよりリトルリーグで活躍して全国大会にも出場したとか。中学校でもリーグを全国大会へ導き、菊池雄星にあこがれて花巻東高校に入学。高校一年生のころからレギュラー入りし、頭角を徐々に出していきました。そして高校三年生の時にアマチュア野球史上初の160km/hを記録。日本球界も海外も注目される選手となりました。

高校卒業後はメジャーも視野に入れていましたが、まずは北海道日本ハムファイターズに所属。その頃より投手としても打者としても実力が高く、二刀流と呼ばれるほど。日本ハムファイターズでもどんどん活躍していき、世間もこのままメジャー行きでは?と言われていました。そして2017年12月8日にロサンゼルス・エンゼルスと契約合意に至ったと発表され、新たなメジャー投手・大谷翔平が誕生しました。

エンゼルス移籍直後のバッシングとは?

エンゼルスに移籍することが決まった大谷翔平ですが、移籍後から順風満帆とはいえません。メジャーの洗礼を早速受けていたそうです。その理由としてヤンキースを蹴ってエンゼルスに移籍したためだとか。特にインパクトに残ったのがNYデイリーニュースであり、大見出しに「WHAT A CHICKEN」と書かれ、エンゼルス移籍を決めた大谷翔平をバッシングしました。

その理由としてヤンキースという野球界のトップ集団に入ることに怖気づいたのでは・臆病者のような記事が書かれていました。活躍する選手ほど浴も悪くも注目されます。そんなバッシングもエンゼルス大谷翔平の活躍で払いつつあります。

週間MVPを取得するほどの活躍。今ではエンゼルスの柱?

一時はバッシングされた大谷翔平ですが、今ではその見方も変わり、トップレベルの選手として世界で扱われています。その理由に大谷翔平はその実力から投手としてもだ主としてもエンゼルスで重宝されています。特にエンゼルスでは初の新人2戦連発し、勝利を導いています。それも先日の試合にて7回まで全て連続アウトを取りました。

また3試合連続ホームランという偉業も成し遂げています。これにはメジャーも大谷翔平の実力を認めざるをえません。大谷翔平は自分の実力で周囲を認めさせています。これからもエンゼルスでの大谷翔平の活躍は続くでしょう。

 - スポーツ