暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

俳優の坂口憲二が難病で活動休止。病気は「特発性大腿骨頭壊死症‬」?

   

おススメの記事

俳優の坂口憲二は男らしいルックスとスタイルで男女から支持されており、これまでも多くの作品に出演していました。ここ数年は目立った活動はなく、ドラマも出演していません。そんな中、事務所を通じて坂口憲二が書面にて病気により芸能活動休止を告げました。特発性大腿骨頭壊死症‬と呼ばれる国が難病としていた病気だとか。一体どうなるのでしょうか?

坂口憲二のプロフィール

氏名:坂口憲二
生年月日:1975年11月8日
出身:東京都
血液型:A型
身長:185cm
所属事務所:ケイダッシュ

坂口憲二のこれまでについて


坂口憲二は初めから俳優としてスタートしたわけではありません。1999年にファッション雑誌「MEN’S CLUB」でモデルとして活動し、そこから俳優業も始まっていきました。元々高い演技力を持っており、人気と実力をどんどん伸ばしていき、2003年には映画初出演を果たしました。


そこからはどんどんドラマ・映画が飛び込んできました。他にも舞台・CM・坂口憲二自身のDVDなども発売しております。更にバラエティもトークもこなせるため、テレビでも重宝されており、売れっ子俳優として売り出されていきました。人気ドラマでは「医龍」でシーズン4まで勤め上げました。

これからも人気と仕事が続くと思われましたが、数年前より活動を狭め、メディアで見かけることは減りました。週刊誌では松葉杖をつく姿もスクープされており、以前より足が悪いのでは?と噂も。そんな中、2018年3月31日に突発性大腿骨頭壊死症を告白。病気の治療のため活動休止となりました。

坂口憲二が患った病気、特発性大腿骨頭壊死症‬とは?

突発性大腿骨頭壊死症という病気とは大腿骨の骨董部分が壊死していく病気です。発生原因は人によって異なりまだ不明確ですが、機序として大腿骨頭は血管から栄養が供給されており、その血流が悪くなることで大腿骨頭が徐々に壊死していくというものです。坂口憲二の場合は数年前からのため、先天性ではなく突発性となったのでしょう。

もし骨董が壊死していてもすぐに痛みや症状があるわけではありません。体重や負担がかかって骨董がつぶれるときに生じるようです。痛み自体も初期は軽度で2~3週間安静にすれば改善することが多いです。しかし進行性のため、早い治療をしないと足がどうなることか…

今後の坂口憲二の活動は?病気は治る?


この病気は進行性であり、症状が軽度であれば松葉杖で免荷して負担をかけなければ生活も出来ます。しかし進行するにつれて関節への負担もかかってしまうことと、根本的な治療法はまだ見つかっていません。そのため病気が進行すれば手術を選択せざるを得ないでしょう。手術も骨切り術や関節置換など病気に合わせて選択できます。

これから坂口憲二の活動は治療し良くなっていくかもしれませんが、100%の回復は病気の特徴から難しいでしょう。少しでも状態をよくして再び俳優として輝く姿を見たいですね。

 - その他, 芸能人の噂 ,