暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

孫悟空の声を担当する野沢雅子。「ドラゴンボール超」終了にあたりコメント。

      2018/03/25

おススメの記事

ドラゴンボールと聞くと孫悟空をすぐに思いつくでしょう。そしてその声優を担当する野沢雅子も有名です。ドラゴンボールはこれまでいろんなアニメシリーズが放送されました。そして現在放送中の「ドラゴンボール超」が2018年3月25日に最終回を迎えます。野沢雅子も最終回にあたりドラゴンボールへの、そして孫悟空への熱いコメントを残していました。

野沢雅子のプロフィール

本名:塚田 雅子
出身:東京都
生年月日:1936年10月25日
血液型:O型
身長:157cm

野沢雅子の活躍と経歴


野沢雅子は幼いころから芸能界入りしており、3歳の時には映画に出演。その後は学業中心に生活も高校卒業後は芝居の稽古に励んでいました。また声優業もそのころから始めており、様々な作品に出演しています。有名なものでは鉄腕アトムのゲスト役やゲゲゲの鬼太郎(鬼太郎役)・ONE PIECE(Dr.くれは役)など。他にも数えれないほどの作品に声優として出演し、アニメを盛り上げてきました。

また野沢雅子の特徴として、老若男女を問わずキャラクターの声優が出来る事です。そのためできるキャラクターの幅も非常に広く、年々その技術を高めています。そして長年勤めてきた西友の一人がドラゴンボールの孫悟空役です。

これまでにドラゴンボールはいくつものシリーズがアニメでありましたが、変わらず野沢雅子が声を担当し続けてきており、声の質も衰えていません。これからも孫悟空でも他の役でもどんどんアニメを盛り上げてくれることでしょう。

「ドラゴンボール超」ってどんなアニメ?


これまでもドラゴンボールは色んなシリーズがあり、その度に視聴者を楽しませてきました。今回の「ドラゴンボール超」は宇宙をテーマにしているようです。神々との交わりと復活の「F」が主軸となっているようで、ストーリーの中でいろんな宇宙の戦士が孫悟空たちと戦いを繰り返しています。

孫悟空や他の仲間との戦いもトーナメント制のようになっており、無秩序に戦うのではなくルールに乗っ取って戦うようですね。そんな「ドラゴンボール超」ももう終わりを告げます。一体どんなエンディングを迎えるのでしょうか?そして続編・新作はあるのでしょうか?

最終回にあたり、野沢雅子のコメントとは


野沢雅子は最終回を迎えるにあたり、ドラゴンボールと孫悟空への熱い思いを語っていました。見どころとして最初のタイトルで興奮できる。そして終わったときに違和感や物足りないことは絶対ない・最初から最後までひきつけられ、最後に達成感を感じられる作品と語っていました。

ファンへのコメントもあり、今作の声優を務めあげての感想や12月の映画のこと、そして「ドラゴンボールの世界和ずっと続く」と言っていました。これからもドラゴンボールは、そして孫悟空も安泰と言えますね。孫悟空の声が変わったらドラゴンボールのイメージもガラッと変わってしまいます。これからも孫悟空役は野沢雅子にしかできないのでしょう。

 - その他, 芸能ニュース ,