暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【理由】荻野目洋子、再ブレイクのきっかけはダンス以外にもあった?

   

おススメの記事

2017年はバブリーダンスが有名になり、合わせて「ダンシング・ヒーロー」という曲の知名度も急激に上がりましたね。ここ数年はこの曲を歌った荻野目洋子はスポットライトを浴びることが乏しく、バブリーダンスを機に再ブレイクといったところでしょう。しかしバブリーダンス以外にも再ブレイクのきっかけはいくつかあったそうです。

荻野目洋子のプロフィール

名前:荻野目洋子(本みょい:辻野洋子)
生年月日:1968年12月10日
出身地:千葉県
血液型:
身長:

荻野目洋子とバブリーダンスの関係性について


荻野目洋子が注目されたきっかけはそもそも芸人の「平野ノラ」がバブリーな芸風・ネタの中で「ダンシング・ヒーロー」を流していたそうです。その曲で日本トップレベルのダンス部がある大阪の登美丘高校がダンスを踊ったことで注目されました。

踊ったのは2017年8月の「日本高校ダンス部選手権」で披露し、そのインパクトの強さからYoutubeで視聴率をどんどん伸ばしていきました。そして気づいたらダンス部のみんながテレビで踊る機会が増えていき、2017年はダンシング・ヒーローが流れない日はなかったでしょう。

バブリーダンス以外の荻野目洋子再ブレイクのきっかけ

平野ノラ・登美丘高校がきっかけとなり再ブレイクを果たした荻野目洋子ですが、バブリーダンス以外にも再ブレイクのきっかけはあったそうです。

バブリーダンスで注目されるより前から盆踊りのダンスナンバーとして「ダンシング・ヒーロー」は使われていました。初めは地方から始まりましたが、近年では東京でも盆踊りの定番ソングとなりつつあるそうです。

再ブレイクについて、荻野目洋子が思うこと


2017年に見事再ブレイクを果たした荻野目洋子ですが、そのことを本人は「まさかこんな日がくるとは」と心からの感謝の気持ちを述べていました。そして浮き沈みが激しい芸能界ですが、意外なことがきっかけで人気も変動することを改めて感じたとのこと。

元々「ダンシング・ヒーロー」は1985年11月21日に発売されたシングルです。発売されてからすでに何十年も経過していますが、どれだけ月日が経っても人気となる曲はすごいですね。

今の若い世代の人はバブリーダンスがなければこの曲のことを知らないという人も大勢いました。そして荻野目洋子自身も自信を代表するとても大切な曲となったでしょう。

まとめ

荻野目洋子はバブリーダンスをきっかけに2017年に再ブレイクを果たした人物です。しかしバブリーダンスだけでなく、盆踊りの定番ソングになるように注目のきっかけは常にあったのでしょうね。これを機に2018年の彼女がどう活躍していくか楽しみですね。

 - 芸能ニュース ,