暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【動画あり】デスノート第二章が本格始動!「キラ」と「L」がいない世界で巻き起こることとは!?今回の主人公は3人・東出昌大・池松壮亮・菅田将暉!デスノート Light up the NEW world!【映画】

   

おススメの記事

デスノート第二章が本格始動!「キラ」と「L」がいない世界で巻き起こることとは!?今回の主人公は3人・東出昌大・池松壮亮・菅田将暉!デスノート Light up the NEW world!

7/14日、デスノートの前作から10年後の世界を描いた映画「デスノート Light up the NEW world」の予告動画第二段が公開されました。
原作の漫画では12巻までの世界累計発行部数は3000万部を突破し、アニメからドラマ、そして映画になったモンスター級の作品の続編となるものです。

二人の主人公キャラである、「キラ」そして「L」がいない10年後の世界ではどのようなことが巻き起こるのでしょうか。
特報動画を中心にまとめていきたいと思います!

デスノート第二章が本格始動!「キラ」と「L」がいない世界で巻き起こることとは!?今回の主人公は3人・東出昌大・池松壮亮・菅田将暉!デスノート Light up the NEW world!.jpg

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 – 大場つぐみ・作画 – 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 – 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「Page-」。
12巻までの世界累計発行部数は3000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を見せた。

予告動画第2弾

2016年7月14日に公開された特報動画第2段です。

予告動画第1弾

2016年4月26日に公開された特報動画第1弾です。

10月29日ロードショー

10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー。
公開は10月29日より行われます。大人気の作品であるので、今回の興行収入などにも期待が持てます。

ストーリー解説

映画『デスノート Light up the NEW world』とは

一冊のノートで、世界を変えようとした
あの衝撃から10年―
再び狂い始めた世界で、
光と闇を引き継ぐ者たちによる
デスノート争奪戦が始まる!

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ―
犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵L。
天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信された―。
「デスノートを手に入れろ―」
 
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。
同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎が加わり、
無差別殺人の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラ信奉者・紫苑の姿が――。
今、それぞれの想いを胸に、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!

デスノート“オタク”の捜査官・三島に東出昌大、Lの後継者で世界的名探偵・竜崎に池松壮亮、
キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑に菅田将暉
──今もっとも、演技力、カリスマ性、美しさの全てを備えた最強の豪華競演が実現。
さらに前作に続き登場する弥海砂を戸田恵梨香、死神リュークを中村獅童が演じる。
監督は『GANTZ』『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』の佐藤信介。

“すべての終わり”に一体何が書かれるのか!?
6冊のデスノート×極限の争奪戦×3つの名前=究極のエンターテイメント

作品の設定は、前作の10年後。
そして前作では知られていなかった6冊のノートというルールが加わりました。

映画の醍醐味である、「最後にノートに書かれる名前」は誰なのでしょうか。
三人の主人公に加え、前作の登場人物である元デスノート所持者。
様々な思惑が交差する物語でどんな結末になるのでしょうか!

映画の見どころ

キーワードは「人間界に存在しうるデスノートは6冊」ですね。

元AKB48の川栄李奈が演じる大量殺人鬼「青井さくら」がデスノートを使っているのがはっきりしていますが、特報第一段を見る限りLの後継者「竜崎」に撃たれるかもしくは捕まっています。
その後、彼女が持っていたノートは対策チームである「竜崎」と「三島」のもとにわたります。

しかし、そのほか5枚のデスノートがだれに渡るのか、対策チームに渡った1枚のデスノートが使われるのかどうかは明らかになっていません。
デスノートを追う3人の間でどのような展開が生まれるのか、非常に楽しみです。

東出昌大演じる「三島」 ~キラ事件に精通した対策特殊チームの捜査官~


東出昌大デスノート.jpg

主人公の一人の三島役の東出昌大です。
第一のキラである青井さくらを追い詰めて結果的に捜査本部にデスノートが運ばれます。

警察官という立場上、デスノートを使わないであろう人物と考えられます。
しかしながら、キラ事件に精通して、キラの考え方にも詳しい彼がデスノートを使う可能性もないとは言い切れません。

池松壮亮演じる「竜崎」 ~Lの遺伝子を受け継ぐ世界的名探偵~


池松壮亮デスノート.png

主人公の一人の竜崎役の池松壮亮演です。
特報では「Lとデスノートを使わないことを約束した」とありますが、第一のキラ事件で大量殺人鬼である青井さくらを追い詰め、デスノートを手にします。

三島同様に手元にデスノートがある以上使う可能性のある人物です。
約束したという言葉もとりようにとっては「デスノートを使うフラグ」にも取れますね。

菅田将暉演じる「紫苑」 ~キラを崇拝するサイバーテロリスト~


菅田将暉デスノート.jpg

主人公の一人の紫苑役の菅田将暉です。
サイバーテロリストとして活動している彼ですが、キラの信者であるようです。
特報では、デスノートに記入しているのかと思われる場面が映っています。

前作でもキラ信者がデスノートを使う場面が多かったことから、最もデスノートを使いそうな人物の一人です。
特報には、デスノートに何かを書くような場面が映っていますし、ほぼ確定?

戸田恵梨香演じる「弥」 ~前作の主人公キラの恋人で元デスノート所持者~


戸田恵梨香デスノート.jpg

登場人物の弥役を演じる戸田恵梨香です。
前作では、デスノートを使っていましたが、デスノートの記憶はなくなっています。
しかし、特報では折り紙のようなものに触れている場面が映ってますね。

デスノートに関する記憶がすべてなくなっている彼女ですが、デスノートの設定で「デスノートに触れると記憶を取り戻す」というものがあります。
特報で折り紙に触れていますが、もしもその折り紙がデスノートで折られたものであったら、と思うとこの物語に大きくかかわる存在であることが分かります。
そして、その折り紙は誰が渡したのか・・・。

 - ライフスタイル, 芸能ニュース