暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【潔癖】本郷奏多の潔癖エピソード 潔癖すぎてついていけない!

   

おススメの記事

本郷奏多の潔癖エピソードは最近有名になってきました。
様々な番組で取り上げられているのはご存知ですか?

今回はそんな本郷奏多の変わった私生活に迫りたいと思います!

本郷奏多のプロフィール

名前:本郷奏多

生年月日:1990年11月15日

身長:174㎝

出身地:宮城県仙台市

血液型:O型

2002年に俳優でビューしています。

その後、14歳で2005年に初主演を『HINOKIO』で成し遂げました。

今までに様々な映画やドラマに出演し俳優して全うしています。

近年、本郷奏多に迫る私生活が話題となりました。

潔癖エピソードその1

エレベーターのボタンは指で押せない説

エレベーターのボタンや自動ドアのボタンは肩やスマホを使って押すことを本人が証言しています。

不特定多数の人が触っているものがダメなようです。

潔癖エピソードその2

小銭を持ち歩かない説

本郷奏多は小銭を持っていないようです。なぜそのようなことが起きるのかというと、小銭にはものすごく多い数の雑菌がついており、誰が触ったかもわからないものを持てないとのこと。

世の中が全て電子マネーになればよいと思っていると明かしています。

実生活では、お札で会計をすましてからおつりは募金をしているそうです。

潔癖エピソードその3

キスはバクテリアの交換である

キスをすることがバクテリアを交換していることと言ってプチ炎上しました。

独特な表現をした本郷奏多でしたが、白石麻衣との共演の際キスをしていたので、まいやんヲタが黙っていませんでした。

っといいましても、仕事は仕事と割り切っているところはえらいと思います。

偏食エピソード

そもそも「外気がこわい・嫌い」という本郷奏多は家の中から出たくないようです。

それに加え、食べれるものと食べられないものがあり、好きなものを永遠と食べている様子がテレビに映し出されました。

ハンバーグは苦手。なぜなら手を使ってこねこねするからです。某番組で中尾彬がおいしいハンバーグを紹介しましたが、そもそもの食べられない原因が作る過程にあったため匙を投げました。

甘いものが好きでお菓子は食べるが、その中でもグミが大好き。

ずっとグミを食べているとのことです。

納豆とトマトが嫌いで、本人曰く、「納豆やトマトを食べなさいと言われることは、あなた一人が犠牲になれば地球上のみんなが助かる」と言われるようなものと例えています。

まとめ

潔癖というエピソードとともに、偏食も加わりとても不思議な私生活が話題となりました。先日もバラエティー番組でそのエピソードを話したところ共演者が驚いたといいます。

俳優としての役者魂はあるようで、仕事と切り離した私生活に問題ありとのことですね。

話題となり本郷奏多は変人のようになっていますが、本人は非常に前向きな様子で仕事をこなしているそうです。

 - その他, びっくりニュース, 時事ニュース