暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

【トラブル】ダレノガレが自分でブランド設立 芸能人の名義貸しは本当にあった

   

おススメの記事

モデルでタレントのダレノガレが株式会社CAROを設立し「CAROME.」というアパレルブランドを展開しました。
それを聞いた人たちが、ダレノガレの名義貸しではないかと言い出しました。
それに対してダレノガレがSNSで反論しています。

ダレノガレがブランド設立

自分自身のツイッターにて11月30日にブランドを設立することを発表しています。

ブランドを立ち上げるにあたった経緯を発表するなかで、

「他のモデルさんより身長が小さく、並んで撮影できるモデルがいないことに。身長が足りないことで何回も自分を責めてたくさん悩みました。」

と欠点を明かしています。

ブランドの名前はイタリア語で「親愛な」を意味するCAROと自分を表す英語のMEを掛け合わせたものです。

ダレノガレのプロフィール

名前:ダレノガレ明美
生年月日:1990年7月16日
身長:164cm
出身地:ブラジルサンパウロ州生まれ
育ちは神奈川県横浜市
血液型:B型

7歳の頃からモデルを目指し、失恋をきっかけに本格的に夢を追うようになりました。
2012年『JJ』の雑誌でモデルデビューを果たしています。ダレノガレは当時21歳でした。

モデルをしながら様々なバラエティ番組でかの活躍を見せていましたね。

名義貸しの倒産は過去に

元AKB48グループの篠田麻里子が過去に名義貸しで倒産するという事態を起こしています。

2013年に一号店を新宿にオープンさせた篠田麻里子はリリコというファッションブランドを立ち上げました。

その後全国に数店舗を展開するなど行いましたが、1年で撤退してしまいました。

潰れた結果はダサくて高いと言われているようですね。

客層が変わっていて、10代女子が6割、20代女子が1割、そして男性が3割という構成でした。
これで売れるわけがありませんよね。

篠田麻里子のファンに男性が多かったことから客が多くても売り上げに繋がらないといった原因がわかります。

篠田麻里子はこの出来事を「自分は名前を貸しただけ。経営に関わっていない」と主張しましたが、彼女にとってあまり良い印象は与えていないようですね。

芸能人の知名度を利用しただけではファッション業界で生き続けられないことが目に見えてわかります。

反対に、ファッションブランドを立ち上げ成功をした人物は若槻千夏です。

今もなおブランドの売り上げがあり経営が継続しているようですね。

まとめ

今回、ダレノガレはブランドを立ち上げ販売を始めましたが、初めはアクセスが殺到しネットワークが混雑したようですね。

本人が6年間で貯めたお金を使ってブランドを立ち上げたと言っているので、経営面にもしっかり携わって行くことでしょう。

今後の動向に注目したいです。

 - その他, びっくりニュース, 時事ニュース, 芸能ニュース, 芸能人のスキャンダル・炎上