暇つぶしタイムズ

社会・エンタメ中心の時事ニュース情報サイト

『ふみカス』清水富美加の過去と現在の5つの矛盾。元レプロの女優の出家裏側には幸福の科学と父親の会社倒産・借金、そして洗脳の結果?告白本も発売

      2017/02/19

おススメの記事

千眼美子に名前を改めた清水富美加

https://twitter.com/sengen777

2017年2月15日、週刊文春が清水富美加の父親の会社が倒産していたことを報道した。

清水が同教団に入信したきっかけは信者だった両親の影響だが、彼女の父親の会社が最近、倒産していたことが「週刊文春」の取材により明らかとなった。官報によれば昨年11月に破産手続きを開始している。

出典:週刊文春

また同日週刊新潮が、幸福の科学が清水富美加とレプロに奴隷契約があったことに対して否定的な記事を報道した。

清水富美加、月5万円“奴隷契約”の真相 「脱毛エステ代など年1000万円は事務所が負担」

出典:週刊新潮

さまざまなメディアが、清水富美加の過去と現在で大きな矛盾があることを追及している。今回の記事ではそれなの矛盾をまとめてみる。

幸福の科学の千眼美子こと清水富美加の5つの矛盾

清水富美加には過去と現在で5つの大きな矛盾がある。清水富美加がコメントした内容は本当に彼女が発言したものなのだろうか。

出家前「劣悪な労働環境」現在「人魂を開放する仕事に24時間」

清水富美加さんは精神的ダメージにより仕事にドクターストップがかかっているという。弁護士によれば「少なくとも半年は就業しないように」言われているようだ。

しかしながら、幸福の科学の代理人は清水富美加さんが幸福の科学職員になったら「人の魂を救済する仕事に24時間」つくと言っている。半年もの休養を要する人物に24時間の労働を課そうとしているのである。これは大きな矛盾ではないだろうか。

今後の動向を見守りたいが、本当に半年の休養をするのかは分からない。いつの間にか芸能活動を再開していた・・・なんてこともあるかもしれない。

現在「人道的じゃない仕事は嫌」出家前「変態仮面に出演快諾」

「人道的じゃない仕事は嫌」と話す清水富美加。人道的じゃなった仕事として「人肉を食べる役」を演じたことが例として挙げられているが、清水富美加さんが「変態仮面」という映画に出演されていることに注目したい。

名前でお分かりになると思いますが、変態仮面という映画R12指定されているちょっと下品なコメディ映画である。

清水はピュアな役とはいえ、コミカルな演技や「変態」「ノーパン」などのセリフも連呼させられる。第1弾公開時、清水は18歳。「面白そう!」と好奇心で出演を快諾

出典:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/15/kiji/K20160515012591060.html

以上は2016年に公開された映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」のインタビューを紹介している記事から抜粋したものである。

清水富美加さんは変態仮面への出演を快諾しているのである。正直なところ彼女が語った「人道的」という言葉の基準が分かりにくい。グロは不可でエロは可なのだろうか。しかし、水着の仕事をしたくなかったと語っていることから本来はエロも不可なのでしょう。

やはり、基準が分かりにくいです。

両親が熱心な幸福の科学の信者?

父親に題名を言うと「仕事は選んでいいんだぞ。あんまり変なのやるなよ」と心配された。母親からは「見てきたよ。超ウケた!」と連絡が来たという。

先ほどの変態仮面のインタビュー抜粋部分の続きですが、その映画が決まったことに対して父親は反対の意見で、母親は賛成の意見をいったとコメントされています。

このことから両親が熱心な幸福の科学の信者であるということに疑問が残る。

実際のところ清水富美加さんの両親は離婚していると思われる。離婚の原因が何かは不明だが、その一端に宗教観の違いがあったのかもしれない。

「自分の事実くらい自分で語る」と「誰か気付いてくれますように」

12日のツイートでは、自分の真実について「自分で語りたい」と言いながら、その次の日には「誰か気付いて」と話している。この二つのツイートの矛盾に少し気になる点がある。

これは両方とも清水富美加さんの意思なのだろうか?

どちらかが本人の意思で、もう片方は母体・・・つまりは他人の意図が混ざっているのではないか。そんな風に感じる。

出家前「レプロはやりたいようにやれる事務所」現在「奴隷契約」

レプロが2015年5月21日に公開した動画がこちら。この動画内で、清水富美加さんはレプロについて以下のように話している。

清水富美加「レプロはやりたいようにやれる事務所」

しかしながら、幸福の科学はレプロの労働環境について「奴隷契約」と皮肉言っている。そして清水富美加自身も、それに似たようなコメントを直筆のコメントとして発表している。

清水富美加直筆コメント

清水富美加引退コメント:http://the-liberty.com/article.php?item_id=12576

はやり発言は過去と現在で矛盾している。

清水富美加さんは約8年事務所に所属していたが、動画でレプロについて語っていたのは7年目のことである。時間による変化も考えられるが、たった1年でここまで価値観が変わってしまったとしたら異常である。

あくまでレプロに言わされていた・・・ということだろうか。

そもそも幸福の科学の信者数1200万人に矛盾

そもそも、幸福の科学の会員者数に矛盾がある。(清水富美加とは直接関係ないが・・・)

一般人のツイートによれば、幸福の科学の会員は国内で1100万人と発表していた。しかしながら、選挙での得票数は全国で数十万票・・・大きな矛盾がある。

実際に幸福の科学と週刊新潮との裁判で、「幸福の科学の信者数」が争われたことがある。

幸福の科学・大川隆法総裁の元妻・きょう子氏への取材に基づいた『週刊新潮』の記事によって名誉を傷つけられたとして、宗教法人幸福の科学が新潮社とその社員、きょう子氏に対して2億円を請求した訴訟について。

判決は、教団が主張する国内公称信者数1100万人のうち、たった0.27%にしか満たない3万人しか、実働信者として認定しませんでした。

出典:http://dailycult.blogspot.jp/2013/08/30.html

判決では、自称1100万人の信者の中で実働信者として認められたのはなんと3万人。明らかに少ない。

清水富美加が告白本を発売

2017年2月17日、清水富美加が「幸福の科学出版」を通して告白本を発売することを本人のTwitterで発表した。

発売のタイミングが出来過ぎていると感じる。ここ一週間の出来事が全て告白本に対する伏線に思えてしまうのは筆者だけだろうか・・・。告白本の出版日から逆算しても、明らかにレプロに所属していた時期から本の制作を始めていたとしか考えられない。

清水富美加が告白本を発表したことに対するネット上の反応

まとめ

清水富美加さんやその周辺も含めた矛盾をまとめてみました。

まとめて感じたのは、過去と現在で彼女や周りが発表した言葉に違いがありすぎること。どこまでが彼女の本当の意思で、どこからが偽りなのだろうか。そんな疑問を感じる。

最後に本を出版したようだが、これに対してネット上は否定的な意見が多い。本の中でも実はあの時こう思っていたとか・・・そういった内容が語られるのかなと思うが、それは彼女の意思なのだろうか。

【関連記事】清水富美加、幸福の科学に出家するためレプロを退社し芸能界引退!トラブル疑惑の真相・理由は宗教がらみだった!「仕事を辞めて幸福の科学のために働いていきたい」【衝撃】

【関連記事】清水富美加(ふみカス)、レプロから独立で干されるのも時間の問題か!?公式twitterを削除し出演番組も次々キャンセル!事務所トラブルで本名使えず干された能年玲奈(のん)の二の舞いか!?

【関連記事】清水富美加の不倫相手は誰なのか?「全部、言っちゃうね」で既婚者のロックバンドメンバーと交際していたことが発覚!【Acid Black Cherry・アレキサンドロス・オカモトズ】

 - 時事ニュース, 痛いニュース・炎上, 芸能ニュース, 芸能人の噂